スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
ロンドン観光その1
今日(28日)から怒濤のロンドン観光が始ります。ちなみに本日のプランは、これを参考にしました。

ウェストミンスター駅に降り立った二人。

IMG_1847.jpg









いきなりロンドンアイキター!!!


IMG_1856.jpg











これを見て、モアイが一言。


あ、これ・・・ビッグ・バンですよね?



ビッグ・ベンですから!!!


どんだけスケールの大きな旅行してるんや、って話ですね。


ウェストミンスター寺院キター!!!

IMG_1864.jpg








セントジェームス公園を通り…

IMG_1869.jpg








バッキンガム宮殿に到着です。ここでのお目当ては、衛兵交代です。到着時間が早かったため、なかなかいいポジションをゲットできました。人が多いので、スリには気をつけないと。

IMG_1874.jpg


IMG_1877.jpg








しかし、黒帽子がなかなか出てきません。寒さのせいで、手もかじかんできました。




そうこうしてるうちに…




バッテリー切れです。



トルコ旅行と全く同じ過ちを犯してしまった自分が情けないですが、ここで一つトリビアを。バッテリー切れの時って、電極の部分をこすると、電力が少し復活するのです。これ、大学の部活の後輩の石川君に教えてもらったのですが、この日ほど石川君に感謝した日はありませんでした。


さんざん待ったところで、満を持して黒帽子登場です。

IMG_1882.jpg








こういう規律正しい整列シーンを見ると、ガキの使いの笑ってはいけないシリーズを思い出してしまうのは僕だけでしょうか。

IMG_1917.jpg

IMG_1895.jpg








衛兵交代は、音楽が勇ましい感じで良かったです。でも、ちょっと長かったかな。

お土産屋で電池を買い、旅行会社でコッツウォルズのツアーを申し込みます。連絡先としてこっちの携帯電話の番号を教えると、一目置かれた感じで見られたのがちょっと嬉しかったです。


公園に戻り、ランチします。おにぎりを食べていると、道行く人達が、不思議そうな顔でこちらを見てきます。

IMG_1922.jpg








大英博物館に到着です。無料なのが嬉しいですね。

IMG_1926.jpg








この博物館、まともに見ると一週間はかかると言われています。こんなにたくさんの展示物、世界中から寄贈されたのでしょうか、それとも、パクって…。

IMG_1935.jpg

IMG_1936.jpg

IMG_1937.jpg

IMG_1943.jpg

IMG_1944.jpg

IMG_1950.jpg








一番上には日本コーナーがありました。「国宝」って書いてあったので、何で国宝がこんなとこにあんねん、と思ったら、レプリカでした。

IMG_1953.jpg











「だいたい見たし、もう帰ろうか」
「そうですね。でも、この辺、まだですよ」
「じゃあ、ここをちょっと寄って帰りましょう」


なんて言いながら、隅っこの展示を見に行くと…


IMG_1960.jpg











モアイキター!!!


やばいやばい、あやうく見逃すところでした。


次に向かったのは、トラファルガー広場です。

ここでモアイが一言。


トラの像の下で写真撮ってる人がいますよ。


IMG_1970.jpg












ライオンですから!!!



喫茶店で熱い長話をした後、ナショナル・ポートレート・ギャラリーを経て、またまたエロスの像に向かいます。ちなみに、モアイはエロスの像を知りませんでした。ブログを読んでないのがバレバレでちょっと悲しいですね。

今日は、mixiのコミュニティで知り合った男性と呑みに行く約束をしていたのです。

彼がサッカー好きということもあり、適当にググって調べたスポーツバーに向かいます。

IMG_1974.jpg








この日はチャンピオンズリーグのチェルシー対バルセロナ戦が行われていました。お店には意外とバルセロナのファンも多く、僕も最初はチェルシーを応援していたのですが、試合を見ているうちに、段々とバルセロナに惹かれている自分がいました。僕は、強いものと美しいものが好きなのです。

好試合でしたが、僕もモアイも仕事が残っているので、前半戦だけ見て帰りました。結局引き分けだったみたいですね。




スポンサーサイト
未分類 | 16:15:43 | Trackback(0) | Comments(4)
モアイが街にやってくる
YouTubeで遊んでいたら、こんな曲を見つけてしまいました。うーん、いい曲だ。



…帰ろっかな(ボソッ)



いやいや、何を言ってるんだ俺は。まだ行ってないところ、見てないもの、たくさんあるというのに。


そういう訳で今日(27日)からモアイ編がスタートです。


モアイと僕は、昨秋のトルコ旅行で知り合った仲です。旅先では、ほかのツアー客が引くくらいおバカなことや失敗を、たくさんやりました。帰国後も、異業種交流会やパーティに参加しては、「あの子可愛かったねー」なーんてことを言ってます。

ちなみに、モアイというのは、彼の顔がイースター島のモアイに似ているからで、二人で参加したパーティなどでは必ずと言っていいほど、「誰に似てる?」「何に似てる?」という話になるのでした。

いつの日かイースター島に行くのが僕たちの夢なのですが、ネタで行くには値段が高いんですよね。

…って、本人が真向かいに向かってる状態で書くの、ちょっと照れくさいですが、とにかく、むっちゃいい奴です。こうやってモアイ呼ばわりしても全然怒らないし。


そんな彼ですが、「一度きりの人生、楽しまなきゃ」などと甘言で強引にそそのかした結果、27日~1日という短期間であるものの、ロンドンに遊びに来てくれることになりました。




俺たちの辞書に社交辞令の文字はないのだ!



この日ですが、僕がロンドンに来て初めて、雨が降りました。これが雨男ってやつでしょうか。ちなみに僕は、雨男・雨女、血液型性格診断、「私が見ると阪神が負ける」といった、非科学的なものは基本的に信じないタイプなんですけどね。


この日もピカデリー・サーカスに行きました。明日からの旅行の準備で、HISとインフォメーションセンターに行ったのです。

天気悪いでしょ。

IMG_1838.jpg









空港で劇的な再会を果たし、いったん僕のフラットに戻って荷物を置いた後、ハマースミスのパブに行きました。ロンドンの街並みに興奮してたくさん写真を撮る彼を見て、「俺も最初はこうだったなー」なんて、ちょっと上から目線です。


まだ一週間しか住んでないのに、完全にロンドンっ子気取りのそふとさんでした。

IMG_1842.jpg









友達と飲むお酒はやっぱり美味しいですね。彼と話していると、すごく前向きな気持ちになれます(単にそそのかされてるだけという話もありますが)。料理の味については聞かないように。

明日からは、いよいよロンドン市内の観光です。皆さんご存知の有名な場所、たくさん行きますよ。



未分類 | 17:55:55 | Trackback(0) | Comments(0)
極度乾燥(しなさい)
また日記が溜まってきました(涙)。大急ぎで書くので文章荒いですけど、よろしくです。

今日(26日)は、フラットメイトのカズさんと一緒に、ロンドンマラソンを見に行ってきました。

グリーン・パークを横切り、バッキンガム宮殿に到着です。

IMG_1809.jpg








沿道からは、ものすごい歓声が聞こえてきました。

IMG_1812.jpg









「地元の有名選手でも来たのかな」と思いきや、すべての選手に対して大きな声援と拍手を送っています。なかなかすごい盛り上がり様です。付近には、ミイラや赤ちゃんのコスプレをした人もおり、お祭り騒ぎの様相でした。

IMG_1822.jpg

IMG_1824.jpg









セントジェームス公園に行き、ホットドッグを食べます。パンが冷たいですが、なかなか美味しいです。

IMG_1825.jpg








ロンドンには都心に大きな公園が本当にたくさんあり、読書する人や家族連れの人、ジョギングする人など、いろんな人が思い思いにそれぞれの時を過ごしています。代々木公園がたくさんある感じでしょうか。

歴史も背景も違う国同士を比べても仕方がないのかもしれないし、今はこっちのいいところしか見えてないのかもしれないけど、ちょっとうらやましく思いますね。東京は似たような商業地区ばっかり増えてますから。

この後はバス(二階建てバス初体験を期待したのですが、一階建てでした)に乗り、デパート(名前忘れた)に向かいました。メンズが二階に入っていたり、右側が高級ブランド、左側が比較的安いブランドというように、ブランドのランクによって入る場所がきっちり決まっているところなんか、日本と違ってて面白かったです。

この中で、一つ変なブランドを見つけました。





Superdry 極度乾燥(しなさい)





何で命令形?




これ以外にも、「会員証な」など、ここは微妙な日本語のオンパレードです。吹き出しそうになっていたら、店員さんに声をかけられ、ちょっと気まずかったです。ブログのネタに買おうかと思いましたが、値段等を考え、断念しました。

日本のTシャツにプリントされた変な英語とかって、外国人からネタにされることが多いですが、お前らも一緒やんけ!って感じですよね。しかも、ここって、そこそこちゃんとしたデパートなのに。

帰る途中、飛行機雲が綺麗だったので撮りました。

IMG_1833.jpg









ユニクロ見つけました。カタカナのロゴが可愛いですね。

IMG_1834.jpg








ソーホー(東京の歌舞伎町みたいなところ)も寄りましたが、真昼だったので怪しくはありませんでした。

明日からはいよいよモアイ編です。




未分類 | 11:08:26 | Trackback(0) | Comments(1)
アフターヌーンティー
Yahoo!のニュースを見ていたら、ある記事に対して、こんな感想が寄せられていました。

yahoo.jpg





あ、俺のことが書かれてる…。


縛られるのが嫌なくせに寂しがり屋というこの性格、何とかならんかなーと思いつつ、この年で性格なんて変わらんよなーとも思う今日この頃ですが、皆さん、いかがお過ごしですか。

そんな自他共に認める寂しがり屋の私ですが、イギリスでは寂しい思いをしないようにするため、事前にいろいろ手を打っていました。

その一つが、mixiのコミュニティで旅仲間を探すというもの。その結果、男の子一人と女の子一人が遊んでくれることになり、今日は女の子の方と会うことになりました。

彼女はパティシエをやっているらしく、甘い物好きということなので、アフターヌーンティーをたしなむことにしました。おお、なんか、イギリスっぽいぞ!

イギリス料理って、とにかくみんなまずいって言うじゃないですか。でも、それって本当なんだろうか。誰かの受け売りや偏見なんじゃないだろうか。使い古された言葉かもしれませんけど、一介の旅人としては、自分の目で見たもの、耳で聞いたもの、手で触れたもの、舌で味わったものだけを信じたいわけですよ。

待ち合わせ場所のボンドストリートです。早く来すぎたので、ぷらぷらします。

IMG_1790.jpg








彼女とは当日電話をしたのですが、細かい待ち合わせ場所とか、こっちの風貌とか全く伝えてませんでした。藤井隆似くらい言っておけば良かったなと。

途中アジア人っぽいおばちゃんが目の前を横切ったので、「この人だったら嫌だなー」とか思ったのですが(ごめんなさい)、当然のことながらその人は無関係で、すぐ後に日本人の女の子がやってきました。

なんかよく分からないけど撮りました。

IMG_1794.jpg

IMG_1799.jpg











二人とも方向音痴ということだったのですが、お目当てのお店には結構簡単に到着しました。

IMG_1801.jpg








2人用のアフターヌーンティーセットが割安だったので、それを頼むことにします。紅茶はダージリンを選んだと思います。

IMG_1796.jpg









彼女がアエロフロート航空で荷物が出てこなかった話をすれば、僕がウズベキスタン航空で真っ暗な待合室に閉じ込められた話をするなど、トークは主に、互いの旅行に関するものでした。

僕は最近、しょっちゅう海外旅行に行ってるので不思議に思う人も多いみたいなんですけど、旅に行くと旅好きに会い、そこで旅の話になるので、また次の旅に行きたくなるんですよね。映画館で予告編見たらまた行きたくなるのと同じ理屈です。

で、そうそう、肝心の、お料理ですよね。



ええっとですね、これがですね…。








結論:まずいものはまずい!!!






サンドイッチには味がないし、一方のスイーツは甘すぎるし。日本人からすると、甘すぎるものって、底が浅いというか、何か幼稚に感じますよね。

もう一度言います。






まずいものはまずい!!!








でも、紅茶は普通に美味しかったし、いろんな話できたんで、楽しかったですよ。



未分類 | 06:26:42 | Trackback(0) | Comments(4)
さよなら草なぎ君
その昔、スマップのメンバーになる夢を見たことがあります。それは、草なぎ君と吾郎ちゃんが脱退し、代わりに僕とココリコの田中が加入する、というものでした。


心の奧底では、僕は草なぎ君に勝ってるつもりなんでしょうね。


今日はほぼ一日、家でだらだらしていたので、草なぎ君の話でひっぱろうかと思ったのですが、お買い物のことでも書きましょう。

朝は、近所のテスコとスマイル(タイ系スーパー)に行きました。

IMG_1770.jpg








お米を炊きすぎたので、細かく分けて冷凍します。

IMG_1771.jpg








今日もまた、ピカデリー・サーカスに行きました。本日の目的地はチャイナタウンではなく、ジャパンセンターという所です。

ピカデリー・サーカスには、「エロスの像」というのがあって、そこにはたくさんの人がたむろしています。

エロスの像なんて、僕にぴったりなんで(言われる前に先に書いておく)、思わず写真を撮りました。

IMG_1776.jpg








撮れましたよ。ちょっと暗いけど。

ジャパンセンターには、日本の食品や書籍が売られているほか、求人や不動産の案内も掲示されています。ただ、偽の不動産情報を出し、部屋を見せると行って女の子を連れ込んで、悪いことしようとする奴なんかもいるみたいで、気をつけろって書いてました。怖いですね。


ここでは、お寿司のタイムセールが行われていました。50%オフだったので、大阪のおばちゃんのような激しい争奪戦が繰り広げられていましたが、僕も何とか買うことができました。

IMG_1780.jpg








今日の晩ご飯です。計量カップをそのままお椀にしてしまいました。Carlsbergは癖がなく、日本食にも合いますね。

IMG_1781.jpg








こっちの料理食べる気ゼロですね。



未分類 | 09:25:18 | Trackback(0) | Comments(0)
ひこうき雲
こっちの時間で午前の1時から7時まで仕事しました。旅行中にホテルのコーヒーをパクってきて良かったです。

さすがに疲れているので休もうと思ったのですが、天気がいいので出かけることに。

今日はひこうき雲をやたらたくさん見ました。

IMG_1717.jpg
IMG_1737.jpg








「Mikado」って、どう見てもポッキーやんけ、って思って買ったら、やっぱりポッキーでした。こんな理由があるみたいです。シャンプーは髪に合うか、ちょっと不安です。

IMG_1719.jpg










初スタバです。

IMG_1743.jpg








外はまだ明るいので、ベーカーストリート駅のシャーロックホームズ博物館に行ってきました。

僕がイギリスという国を初めて意識するようになったきっかけは、ロビンマスクでもバンコランでもなく、シャーロックホームズだったと思います。小学校の図書室でよく借りて読んだものです。

IMG_1746.jpg

IMG_1750.jpg











モリアーティー教授キター!!!


IMG_1751.jpg

IMG_1753.jpg











ここでは、パイプや帽子を身に付けて写真を撮ることもできるのですが、恥ずかしいのでしませんでした。でも、当時の雰囲気は十分に味わうことができました。

IMG_1754.jpg










博物館では、インド人の学生と日本人のおばちゃん2人としゃべりました。日本人の客はすごく多いみたいで、日本からの手紙がたくさん飾られてました。

その後は、リージェンツ・パークを散策。猫発見。

IMG_1762.jpg








動物園やプラネタリウムは閉まっていたので、見られませんでした。


未分類 | 19:45:10 | Trackback(0) | Comments(2)
生活が始りました
今日から、ロンドンでの生活が始ります。

まずやるべきことは洗濯です。服の余裕はほとんどないのです。

洗濯が終わった後、ちょっと二度寝したのですが…


大昔の彼女が夢に出てきました。


僕は不安な夢や悪夢の類をよく見る(無呼吸症候群の人はそうらしいです)のですが、今日の夢はすごく穏やかで癒されました。うーん、何でこんな夢見たんだろうか。当たり前ですけど、未練とか全然ないですよ。

次に買い出しです。カズさんから聞いた情報を元に、ピカデリー・サーカスのチャイナタウンに向かいます。

ピカデリー・サーカスには、「エロスの像」というのがあって、そこにはたくさんの人がたむろしています。

エロスの像なんて、僕にぴったりなんで(言われる前に先に書いておく)、早速写真を撮ろうとしたら…






SDカードが挿入されていません。




またまたやっちゃいました(涙)。そういう訳で、ここでの写真はありません。

どうせまた行くだろうから、よしとしましょう。ここでは、辛ラーメンと中国版の出前一丁を買いました。この辺の食品は、ニュージーランドにいたときによく食べていたのです。

IMG_1706.jpg








折角なんで、フラットの写真も載せておきます。

これは、来客用のベットです。来週からu5さんがここで寝ることになります。
IMG_1725.jpg
IMG_1726.jpg
IMG_1727.jpg
IMG_1728.jpg









そんな感じで、夜はカズさんと大学のヌードデッサンの授業の話をしたり、溜まっていたブログの記事を書いたりして、深夜1時(日本時間午前9時)くらいかな、そろそろ寝ようかな、と思ったら…




突如携帯電話が鳴りました。


大至急の依頼です。


続く


未分類 | 22:23:40 | Trackback(0) | Comments(0)
この街で君が初めての友達だった
20日の16時過ぎ、二度目のロンドン到着となりました。前回の到着時に比べると、かなり慣れてきました。

しかし、こっちの地下鉄は高い!どっかのデブも言ってたけど、4ポンドは痛い。早くオイスターカード買わないと。

さて、ここからは宿ではなく、フラット(アパートのことです)に暮すことになります。場所はここです(ストリートビューでお楽しみください)。

ここの大家さんはシヴァさんという、初老のインド系(多分)の男性です。鼻毛が出まくってるのはさておき、この人は本当にいい人で、近所のテスコ(スーパー)まで連れて行ってくれて、買い物の仕方を懇切丁寧に教えてくれました。ジュースは2つ買うと安くなる、とかね。

で、言われるがままに買い物してたら、こんなにたくさん買っちゃった。

IMG_1693.jpg








外もまだ明るいので、近所を散歩することにします。

IMG_1694.jpg

IMG_1700.jpg

IMG_1704.jpg










家のすぐ近くにはRavenscourt Parkという公園があり、これがすごく大きいんです。みんな、ジョギングしたりバスケしたりしています。なので、暇な時はここで例の本(過去の記事を参照)を読もうかな、なんて思っています。

公園をふらつき、店員が全員韓国人のインチキジャパニーズレストランでお寿司を食べた後、家に戻ると、フラットメイトの方がすでに大学から帰ってきたところでした。

この男性、カズさんというのですが、プロダクトデザイナーをしており、今はロンドン芸大で勉強をなさってるとのこと。

とりあえず、ほっとしました。タトゥー入れてる奴とかマリファナ吸ってる奴とかと暮すことになったら、どうしようと思いましたから。

カズさんにはロンドンでの生活についてアドバイスをもらったり、お互いのこれまでのいきさつについて語り合ったりしました。

そんな訳で、生活編がスタートです。



未分類 | 09:05:31 | Trackback(0) | Comments(0)
旅の終わりに
ヨークの宿をチェックアウトします。要次(前の記事を参照)にまた、お薦めの場所を教えてもらいます。

ああ、要次、お前は本当にナイスガイだよ。もう二度と会うこともないだろうけど、お前はこの地で、旅人達にこの街の美しさを思う存分伝えてやってくれ。さらば、要次。

旅に出会いと別れはつきものです。そして、別れはちょっと切ないです。それは、二度と会うことがないってこと、分かってるから。

観光バスに乗ります。このバス、エジンバラやグラスゴーでも見たのですが、乗るのは今回が初めてです。

IMG_1676.jpg








ここでの模様は動画に撮ってあるのですが、サイズが大きいので、皆さんには編集し終わったらお見せします。

街を一周したので、バスを降ります。ちょっと肌寒くなってきました。



あっ!



宿にコート置き忘れた!!!




…要次と再会です。



再会劇に時間を取ったせいで、鉄道博物館を見る時間がなくなりました。

ロンドン行きの電車を待っていると、突如携帯電話が。


…仕事の依頼です。


結果的に断ることになったのですが、○○○○が○○を買収するという、結構すごいニュースが入ってきました。これで一気に現実感が。

ロンドン行きの電車の中では、二人姉妹と太っちょのお母さんがいました。こいつらがもう、うるさいんですよ。

女の子は座席の前のテーブルをギシギシやったり騒いだりして、お母さんはそんな様子を見て、高圧的に怒鳴りつけてるし。


あーうぜーよー。俺を現実に引き戻すんじゃねー。

子供欲しいなんて言ったけど、やっぱいらねーよー。俺は一人で生きていくぞー。


なーんて思ってたら、女の子が後ろを振り向いた瞬間、僕とふと目があって、そこでにっこりと笑ったんです。それはもう、満面の笑みで。






あ…天使だ。







本気でそう思いました。それくらい可愛かった。

イギリスを旅してて思ったのですが、こっちは美人が相当多いです。あと、大きい胸を強調している女性も多いです(失礼!)。何かね、日本人とは圧倒的な差を感じてしまいます。

まあ、そんな感じで、列車は無事ロンドンに到着し、僕のイギリス旅行の前編はその幕を閉じました。お読みいただければ分かる通り、かなり恥ずかしいエピソードが満載だったりするのですが、いろんな人の優しさに触れ、いろんな人に支えられたおかげで、本当にかけがえのない時間となりました。

あと、旅行の期間中、一度も雨に打たれませんでした。これは本当にラッキーでした。旅行の神は最後まで僕を見放さなかったのかな。

この後の23日間で何が起るか分かりませんが、今回のイギリス鉄道の旅は、もう、紛うことなく、人生最高の一人旅だったと思います(ちなみに、友達と行った旅行のベストは、トルコか地獄谷温泉のどっちか)。


次の日記からは、ロンドンでの生活編が始ります。皆さん、もう少しおつきあいくださいませ。


未分類 | 07:58:10 | Trackback(0) | Comments(0)
青い空の音符
東京の自宅に実家の親から留守電が入っていたことが判明しました。
日本の携帯電話にも着信があったようで。

「おばあちゃんが…だったらどうしよう?」と一抹の不安を抱えつつ、イギリスから初めての国際電話をかけました。

電話の内容は、翻訳の仕事を紹介できるかも、という話だったのですが、僕の携帯電話もメールもつながらない(ドメインの更新を忘れていたので、パソコンのアドレスが使えなくなってるんです)のでちょっと心配した模様。外国にいることを告げたら、呆れてました。


お父さん、お母さん、こんなドラ息子に育ってしまい、すいません。


気を取り直し、グラスゴーを後にして、目指すはヨークです。

荷物と寒さと、お風呂に入れないせいか、ここにきて、かなり疲れが溜まってきました(年とか言わないように)。まあ、電車は一本でいけるので、車窓を眺めながらぼーっとします。


偶然が運命さえ
変えてゆく 時の中で
めぐり会った夢を信じて
歩いて行きたい

迷いながら おとなに
なってゆく 時がきても
それは あきらめることじゃない
悲しみを うけとめること


IMG_1528.jpg








バスが橋を渡る頃
青い海が見えてくる
窓に広がる 夏の色
手をひろげて 息をしたい

いつの日か
色あせぬ 日記のように
新しい ページをひらき
贈りたい 歌のように


――鈴木祥子「青い空の音符」(作詞:大貫妙子、作曲:鈴木祥子)より

って、知りませんよね。僕が高校生の頃の歌なんですけど。受験勉強や将来のことに悩んでいた当時の自分を励ましてくれた、いとおしい歌を口ずさんで、センチな気分に浸ってたわけです。

あの頃とは倍の年齢になって、歌詞の意味もちょっとは分かるようになったけど、まだ迷い続けている自分がいます。

ヨークに到着です。

実はこの街について、僕は何の情報も持ってません。グラスゴーとロンドンの間にあるから泊まることにしただけです。

ところがどっこい(って、お前いくつだよ)

IMG_1548.jpg








なんか、いい感じじゃありません?うーん、ヨーク、あなどるなかれ。

宿のご主人はとっても気さくなおじさんで、ロイとか言ってましたが、田中要次にしか見えないので、そう呼ぶことにします。

とりあえず、要次の薦めるままに、クリフォーズ・タワーに向かいます。

IMG_1556.jpg

IMG_1566.jpg

IMG_1575.jpg









上からの眺めです。

IMG_1581.jpg








街をそぞろ歩きします。外はまだ明るいし、まっすぐ行かず、あえてプチ迷子になる感じで。

IMG_1587.jpg

IMG_1593.jpg










これも要次のお薦め。城壁を歩きます。

IMG_1614.jpg

IMG_1617.jpg








ウーズ川を歩いていたら、日も暮れてきました。川べりで谷川俊太郎を読んでみました(お前、ほかに読む本あるやろ、ってツッコミはなしね。あれ重いんだもん)。

IMG_1641.jpg

IMG_1649.jpg

IMG_1653.jpg








ここに来て初の猫写真です。

IMG_1666.jpg









宿に戻り、鍵を刺そうとするも、全くかみ合いません。外はもう夜、誰もいません。うー、ちょっとやばい…。



間違えて隣の民家のドア開けようとしてました。


天気が良すぎて僕の脳みそにもお花が咲いてきたみたいです。

宿では、日本の友達とスカイプでおしゃべりしました。20歳の小娘に、「そふとさん、そんなことやからもてへんのやー」とか言われたりして。失礼な!!!

パソコンとネットのおかげで、一人旅でも寂しい思いはあんまりしないんですが、いいのか悪いのかって感じですね。

明日はいよいよ、旅行編の最終目的地、天竺でもイスカンダルでも惑星メーテルでもなく、ロンドンに向かいます。気を引き締めないと。


未分類 | 06:57:47 | Trackback(0) | Comments(2)
THE ZEN OF NAKA
いよいよ、やってきましたグラスゴー。そう、中村俊輔に会える日です。

IMG_1493.jpg








街の風景とか、そろそろ飽きてきたと思うので、ちょっと違った写真を。

僕は正直、サッカーあまり詳しくありません。なんで、的外れなこと結構書くと思いますけど、そこは大目に見るように。

中村俊輔選手、好きなんですよ。守備は難があるんでしょうけど、あのFKは(当たり前だけど)相当練習したんだと思うんですよね。もう、高校の時なんて、何千本何万本と打ったんじゃないかなー、っていう。

僕は自分が器用貧乏というか、八方美人なタイプなんで、ああいう職人肌の選手に弱いのです。

今回の旅行、結構急だったんで、「何で?」って思った人も多かったみたいなんですけど、その大きな理由が中村選手の存在だったりします。ネットで日程を確認すると、4月18日が最後の試合なんですよ。これを逃すと、もうスコットランドでの中村選手は見られないかも知れない。

北京オリンピックもWBCも、行けば良かったなー、って後で後悔した。もう、そんな後悔はしたくないのだ。

IMG_1495.jpg








スタジアムに到着しました。日本人は全くいません。もっといるかと思ったのに。

チケットを交換し、グッズショップに行きます。中村グッズを探すわけですが…。

あんまりありません(涙)。

売ってるのは、「THE ZEN OF NAKA」って本と、変な人形だけ。どっちも荷物になるし、英語の本なんて絶対読まないしなー(←おいおい)。背番号のついたユニフォームとか、売ってるかと思ったら、全然ないんですよね。

なんて考えてると、日本人カップルを発見。

「グッズないですね」
「この写真あったけど、最後でしたよ」
「本とか、いらないですよね」
「そうですね」
「中村のTシャツとかないんですか?」
「無地のTシャツ買って、あそこでプリントしてもらうみたいですよ」
「面倒くさいですね」
「今日の試合、勝つと優勝なんですよね」
「そーなんですかねー」(お互いよく分かってない)

なんて話の後、Tシャツを買ってプリントしてもらおうとしたら、今度は現地のおじいさんに捕まりました。

「そのTシャツは、企業の広告が入ってるからダサイ。広告なしにしろ」
「…っても、広告入ってるのしか売ってないじゃん」
「ワシが店員に聞いてやるから」
てな感じで、店員を捕まえてくれました。結局、3人くらい店員に声をかけた結果、お店の裏から、おそらくほとんど残ってなかったであろう、広告なしのTシャツを持ってきてくれました。

IMG_1512.jpg










これです。ちゃんと「NAKAMURA」って入ってるでしょ。ここで「MIZUNOにしてくれ」って言ったら面白かったんだけど、そんなところでウケを狙ってもしょうがありません。

で、会計の時に、ジムキャリー似の店員が言うわけです。「この本も一緒に買わないか?」

おいおい、また「THE ZEN OF NAKA」かよ。そんなでっかい本、旅の邪魔になるだけだから買わねーよ、ったく。




「サイン入りだぞ?」




IMG_1520.jpg










買っちゃいました。


グッズ購入に手間取った結果、スタジアムに到着したのは、試合開始後でした。席はかなり後ろの方で、選手は小さいのですが、中村見つかりました。よかったスタメンで。

IMG_1497.jpg
IMG_1503.jpg








このCKの直後に点が入りました。ここが一番燃えたなー。

今日の中村選手、正直言ってベストコンディションじゃなかったと思います。特に後半は痛恨のパスミスをするなど、ブーイングやため息も結構受けてました。

でも、スタジアムの雰囲気は味わえたし、何よりセルティックが2-0で勝利したので、個人的には大満足でした。

スタジアムから駅に向かう途中、現地の人に「ナカムラ」とか「ミズノ」とかって声をかけられました。酔っぱらいのおっさんと握手したり、ホテルの駅を行ったら帰りのバスを案内してくれたり。


そうそう、これです、これですよ。


今回の旅では、本当にいろんな人に優しくしてもらってます。ロンドンの宿で会った女の子が、「イギリス人はアメリカ人と違って優しいよ」と言っていたのですが、その意味がよく分かりました。本当にみんな親切です。


ホテルに戻り、この日の試合の記事をネットで読んでみました。

中村は右MFでフル出場し、序盤は攻撃の起点となり好機を演出。前半43分に中村の左CKから最後はフェネホールオフヘセリンクが押し込み先制した。水野は2-0の後半40分から途中出場したが、目立った活躍はなかった。水野は4試合連続出場。

え、水野出てたの…。そういや、最後の方に交代したたけど、あれが水野やったんか…。


同リーグ戦は3回戦総当たりを終え、5月9日から6位までのチームによる上位リーグが始まる。

ええええ、これが最終戦じゃないの?この日のためにイギリス行きのチケット取ったのに、まだ試合あるんかよ…。

ま、いっか。

とりあえず、僕の今の目標は、「THE ZEN OF NAKA」(サイン入り)を、帰国までに読破することです。

未分類 | 15:53:19 | Trackback(0) | Comments(6)
Travelling Translator
ウィンダミアともお別れです。ホテルの主人から半日ツアーに誘われたのですが、仕事が入ったことや天気や疲れ、時間等を考えて、なくなく断りました。

IMG_1426.jpg








途中、カーライルに寄りました。本当は、ハドリアヌスの長城まで行きたかったんだけど、バスが出た後だったので断念しました。

IMG_1432.jpg








で、ここで、携帯電話にメールが。



…仕事キャンセルです。




まー、しょうがないですね。旅行をしながら仕事する、なんて思いつきで言ってみたものの、実際はなかなか難しいです。南の島でのんびりしながら、とかだったらできるかもね。

気持ちを切り替えて、スコットランドの首都、エジンバラに向かいます。

IMG_1441.jpg








イングランドとはやっぱり雰囲気が違います。あとは、寒い!とにかく寒いです。

とりあえず、ホテルの近くにあるカールトンヒルに登ります。ここからは、エジンバラの街並みをすべて見渡すことができます。ここでいろんなことを考えました。

IMG_1448.jpg

IMG_1456.jpg








実は最近、ちょっとうまくいってなくて(って自業自得なんで同情しないでいいですよ)、日本を発つ時も、正直かなり悩んでました。で、自分の将来のこと、仕事や家族のこと、いろいろ考えていたのですが…。


うーん、9割くらいは答えでちゃった感じです。


まだ一週間も経っていないのに、旅の目的はほぼ達成。もう日本帰ってもいいよ、みたいな。

それはさておき、僕はこのカールトンヒルでのこと、きっと一生忘れないと思います。11年前、家出同然に上京してきて、東京タワーから夜景を見ながら誓った日のことを忘れることがないように。

でも、その話をここで書いてしまうと、このブログで書くことがなくなってしまうので、最後の方に取っておきます。旅はまだまだ続くのだ。

ロイヤルマイルを歩くと、いかにもなメロディーが。

IMG_1476.jpg










バグパイプキター!!!




写真を撮らせてもらったお礼として、財布の中の余ったペンス、全部あげてきました。

エジンバラ城に到着です。

IMG_1481.jpg








夕食はハンバーガーです。チップを渡すの、まだなんか慣れません。誰だよ、こんな習慣考えたの。

IMG_1486.jpg








さて、明日はいよいよ、前半のハイライト、この旅の大きな目的といえる中村俊輔選手を見に行きます。スタジアムの2階のほぼ中央で、白いコート着た日本人いたら僕ですから、探してみてください。

フリーキック見たいなー!!!



未分類 | 15:30:06 | Trackback(0) | Comments(2)
ピーターラビット
ウィンダミアは唯一の連泊となります(迷ったけど大正解だった)ので、今日も一日、自然を楽しむことにしました。

僕の泊まっているホテルでは、ツアーも行っているので、今日はそのツアーに参加しようと思っていたのですが、最少催行人数に達しなかったらしく、キャンセルになってしまいました。

って、そんなの前の日に言ってくれよ。今日一日どないすんねん、っていう。

で、向かいの旅行会社に行ってみると、12時発のツアーがあるじゃないですか。ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターのツアーらしく、正直興味ないんですけど、そんなこと言ってられません。

12時まで時間があるので、軽くハイキングすることに。

IMG_1361.jpg
IMG_1363.jpg
IMG_1367.jpg
IMG_1368.jpg








もう、言葉とかいらないですね。とにかく天気が良かった。今回は旅行の神が降りてます。

で、ツアーです。

こういうお墓を見ると、ゼルダの伝説を思い出すのは僕だけでしょうか。

IMG_1391.jpg
IMG_1414.jpg
IMG_1416.jpg








ツアーには日本人の老夫婦と男の子が参加していました。老夫婦の娘さんがこっちで結婚(おそらく国際結婚)されたらしく、お孫さんと3人で参加されていたのですが、こっちで生まれ育った子供が二人の通訳をしていて、なかなかほほえましかったです。そういえば、おじいちゃんとおばあちゃん、僕が日本人だと分かると、すごく安心した顔をしていたな。

夜食の牛丼です。マグカップ大活躍。

IMG_1425.jpg








夜はお一人様でバーに繰り出しました。こういうところで一人でかっこよく飲むのって難しい。ゴルゴ13みたいにはいきませんよね。

未分類 | 10:59:23 | Trackback(0) | Comments(2)
FORGET ME NOT
旅行しながら日記を書くのって、時間的にも体力的にも大変ですね。

今回の旅では、自分に向き合いながらいろんなことを考えてて、書きたいことはいっぱいあるんだけど、すべてを伝えるのは、なかなか難しかったりします。

って、30過ぎのおっさんが自分探しの旅かよ、って言われそうですね。まあ、その辺の話も、気が向いたら書きますよ。

そういう訳で二日分の日記を書くのでした。まずは15日の分ね。

リバプールを後にし、今日も電車に乗ります。向かうは湖水地方の玄関口、ウィンダミア。

IMG_1311.jpg








今回の旅行では時刻表や路線図などは買っていないのですが、インターネットで経路を調べ、手帳にメモするというやり方で、今のところは問題なく旅できています。

さて、湖水地方ですが、豊かな自然を保護するため、中心部までは電車が走っていません。なので、徒歩、自転車、車、タクシー、ツアーなどを利用する必要があります。

到着が午後だったため、ツアーはもうないし、レンタサイクルも17時までのようなので、湖を目指し、ひたすら歩くことにしました。

IMG_1323.jpg

IMG_1331.jpg

IMG_1340.jpg

IMG_1346.jpg

IMG_1356.jpg

IMG_1357.jpg











ここでは本当に、ゆっくりとした、のどかで、優しい時間が流れています。ぶっちゃけ、むっちゃ幸福です。まじで来て良かったと心から思いました。

あー、日本では、くっだらないこと、ちっちゃなこと、レベルの低いことで悩んでたなー。

なんて思うわけです。まあ、問題そのものが解決した訳でも僕自身が強くなった訳でもないので、現実に戻ったらまた、くっだらないこと、ちっちゃなこと、レベルの低いことで悩むんでしょうけど。

イギリスには犬好きの人が多いみたいで、nintendogsみたいなことして遊んでる老夫婦が結構いました。で、そういう犬が、なぜかみんな僕のところに寄ってくるんですよ。僕自身は猫好きなのですが、旅に出るとやったら犬に好かれます。匂い?

湖の周りを一時間ほど歩いた後、宿に戻ろうとしたのですが…。

道に迷ってしまいました。

僕ね、すんごい方向音痴なんですよ。渋谷の東急ハンズとか、未だに場所がよく分からないですし、どうも、致命的に欠けてる能力がいくつかある気がします。

リバプールではインフォメーションセンターで無料の地図をゲットできたのですが、ここにはそういうのがなかったため、細かい地図を持ってなかったんです。

人通りも少ないし、標識なんかもないし、タクシーなんて全然走ってないし、状況的には結構ピンチだったのですが、なぜか気分は落ち着いてました。

とりあえず、年寄りを見つけたら、"Excuse me."です。で、駅の場所を聞きます。"Go straight."だの"Turn right."だの、英会話学校の授業でやったよなーっていうフレーズが目白押しです。あの授業って、こんなに役に立つんだなーって実感しました。自分が教えてた時は、そんなこと何にも考えてませんでした。

そうこうしてるうちに、見覚えのある景色が眼前に飛び込んできます。迷子になった時ってそうですよね。知らない景色を抜けると、突如知ってる景色が開けてくる、みたいな。その瞬間が僕はすごく好きです。

IMG_1360.jpg








ちょっと出来過ぎですよね。尾崎豊の曲であったなーと思って、覚えていたんです。

今回の旅行ですが、航空券を予約したのが2日、出発日が13日で、チケットの購入や宿の手配はその間にすべてすませたんです。

これがもう、本当に大変で、苦行にしか思えませんでした。「こんなことしてまでイギリスに行く意味があるのか」、とか、「友達と一週間くらいパッケージツアーに行けばいいじゃん」、とか思いましたが、個人旅行にしたおかげで、実際に人の生活している街の風景を時間を気にせず眺めたり、道に迷って、現地の人の暖かさに触れたりできて、本当に良かったと思いました。

未分類 | 10:51:55 | Trackback(0) | Comments(2)
涙の乗車券
物価の高いロンドンを離れ、次の目的地、リバプールに向かいました。

やっぱ電車の旅っていいですよね。車窓からのどかな田園風景を眺めてるだけで、「俺、旅してるぞー」感が満ちあふれてきます。

もう、気分は完全に関口知宏ですよ。

リバプール到着。インフォメーションセンター探すのに、手間取ってしまいました。

IMG_1271.jpg









リバプールといえば、サッカーかビートルズですよね。今回は、ビートルズゆかりの地をめぐる「マジカルミステリーツアー」に参加しました。最近はあまり聴いていないのですが、学生の頃、ちょっとピアノをやっていた時に、彼らの曲をよく弾いたものです。

IMG_1275.jpg








参加者はいろんな国の人がいました。やっぱり年齢層は高めです。ガイドさんは当然英語オンリーなのですが、お恥ずかしながら、ちょっと聞き取りにくかったです。

ペニーレーンとか

IMG_1280.jpg








ストロベリーフィールズとか

IMG_1289.jpg









あとは、メンバーの住んでいた家などに行きました。そこに住んでる人は、毎日観光客が押し寄せてくるわけで、ちょっと大変かもしれませんね。

ツアーの後は、「ビートルズ・ストーリー」という展示を見に行きました。彼らの生い立ちや出会いのきっかけ、4人以外のメンバーや米国進出の過程、プレスリーとの出会いなど、なかなか興味深い話が聞けました。ちょっと長かったですけどね。

この後は、マクドナルドでお食事して、テスコ(こっちのスーパーね)でバナナとチョコレートを買って帰りました。こっちは物価が高いので、とにかく食費は削ろうと思っています。

しかし、こっちの硬貨の種類がいまだよく分かってなく、お札でばかり買い物するので小銭がどんどん溜まっていきます(涙)。

ホテルはすごく綺麗です。ネットの接続状況もよくて、前の会社の人達とスカイプでおしゃべりしちゃいました。マイク越しに小田急線の電車の音が聞こえてきて、懐かしい気持ちになりました。

IMG_1302.jpg








ちなみにこれは、夜食ね。ひもじいとか言うなー。

IMG_1303.jpg

未分類 | 17:17:42 | Trackback(0) | Comments(0)
旅立ちの唄
4月13日11時30分、ヴァージン・アトランティック航空に乗り、一人日本を旅立つそふとさん。

バージン








ヴァージンは料理もおいしく、アイマスクや靴下、歯ブラシがついてたりと、値段の割にサービスは充実していたと思います(ツアー客の日本人のおばあさんがワガママばっかり言っていたのには閉口しましたが)。機内では映画『マンマ・ミーア』を見ました。1月に映画館で見たばっかりなのですが、何度見てもこの映画は元気が出ます。

ヒースロー空港からパディントン駅に到着したのですが…

パディントン








ここからの行き方が全然分かりません(涙)。東京駅に初めて降り立った外国人のようなものでしょうか。観光客丸出しで、ちょっと恥ずかしかったです。

今回の旅は基本的にシングル部屋を取ってあるのですが、ロンドンは値段が高いのと、初日だから情報収集をしようと思って、今日だけ韓国人夫婦の経営する民宿で、相部屋に泊まることにしました。

しかしこの宿、ホームページにも住所が書かれてないし、宿の前には韓国の国旗が小さく貼られてあるだけで、どう見てもモグリっぽいです。

でも、夜ご飯と朝ご飯が出るんですよ。思いっきり韓国料理な訳だけど。イギリスの初日からキムチ食いまくっているというね。

晩ご飯は、日本人の女の子と一緒に食べました。彼女、世界一周旅行の途中らしくて、ロスではWBCの決勝を生で見たんですって。うらやましすぎる。

とりあえず今日はこんな感じです。今日はすごく天気が良かったです。毎日こんな感じだといいんですけどね。

街並み

未分類 | 05:13:43 | Trackback(0) | Comments(2)
あんまり覚えてないや
こんにちは、CDラジカセの中身をミスチルからビートルズに入れ替えたそふとさんです。

さて、僕は結構天然というかどんくさいところがあって、230mlのビール缶6個を買ったと思ったのに、家に帰ってみたら500mlだったとか、そういうことがちょくちょくあります。

で、昨日はもう、これでもかというくらいボケまくってました。ロンドンでは騙されたりしないように気をつけないと。

1) DVD-Rの10枚組が安かったので購入する(昨日の日記参照)も、CPRMに対応しておらず、テレビ番組のダビングには使用できないことが判明。ディスクどうするよ。

2) コンビニで地球の歩き方をコピーするも、A4のところをB5でコピーしてしまい、下が切れていることが判明。気づいたのは全部コピーした後。u5さんごめんよ。

歩き方








3) 違法行為なのでここで書くのは自粛します。

4) 恵比寿のアトレでお買い物。山手線に乗り、品川方面に帰るはずが、逆向きの電車に乗ってしまい、気づいたら渋谷。東京住んで11年になるのに。

こんな私ですが、今日はもっとすごいボケに出会いました。それは、私の前の会社の社長さんなのですが、この人がもう、宇宙人みたいなんです。よく会社経営できてるなっていう。

社長「そふと君ってさ、去年の4月に辞めたよね」
そふと「そうですけど」
社長「実は間違って、今まで雇用保険払ってたのよね」
そふと「・・・」

これで教育訓練給付制度の期限が延びてれば、帰国後に習い事でもしようかな、なんて思っています。

本日のお買い物:

お買い物








ポンド紙幣、マグカップ、CPRM対応のDVDディスクです。マグカップは耐熱仕様なので、これでチキンラーメン作ったりしようと思って。

食べ物








向こうはご飯がいまいちみたいなので、日本からインスタント食品を持って行こうと思っています。どれくらい持って行くかが問題なんですよね。

未分類 | 01:31:41 | Trackback(0) | Comments(2)
あなたには生活感がない
と36歳の誕生日に言われてしまったそふとさんです。

うーん、僕だってねー、本当は普通に大きな会社で働いて、家帰ったら嫁さんと子供が待ってる、みたいな生活してみたいなー、って思ったりもするんですよ。

それはさておき、今日も旅行の準備で大忙しでした。

新宿の東急ハンズでカバンを買いました。

カバン
















これ、バックパックのように背負うこともできるし、スーツケースの用に引っ張ることもできます。
この辺が、まっとうな社会人にも自由人にもなりきれない、中途半端な僕にはぴったりかなと。

お買い物








ほかにも小型のマウスを買ったり、Amazon.comで注文した仕事用のアラーム時計が届いたり、名刺作ったりしてました。左下の赤いのはTSUBAKIの試供品です。最近よく配ってますよね。これをイギリスで使おうと思っています。

Tシャツ
















あと、近所のユニクロで変なTシャツをたくさん買いました。これ着て街を歩くわけではありません。

そういうわけで、昨日やったこと:
旅行カバン買う
ユニクロで下着買う
イギリス用の名刺作る
不動産屋に連絡する

全部やったでー!!!有言実行男と呼んでくれ。

今日やること:
宿を全部決める(まだ決めてないのかよ!)
不動産屋と正式な契約する
DVDレコーダーの残り容量がやばいので整理する

さて、上述の通り、そふとさんは昨日で36歳になってしまいました。スカイプでおめでとうと言ってくれた人、電話くれた人、mixiや携帯電話にメールくれた人、変な似顔絵描いてくれた人、本当にありがとうございます。こんなにたくさんの人に祝ってもらったの、初めてな気がします。

自分自身は、バックパッカーの真似事をしていた13年前から全く成長していない気もしますが、誇りを持てる仕事や大切な仲間に出会えたことは、すごくラッキーだったのかな、と思う今日この頃です。





未分類 | 01:13:54 | Trackback(0) | Comments(4)
携帯電話
イギリス用の携帯電話が届きました。


携帯電話








N905iと比べると、小さいですね。日本語非対応ですけど、電子メールも使えます。

ちなみに、左下のは世界150カ国以上で使える、コンセントのアダプタです。買わずにすんだので助かりました。

昨晩は、恵比寿に飲みに行ってました。知り合いの社長さんが飲み会を開催してくれたのです。

NEC_0030.jpg








お店には、バービーボーイズの杏子(!)が来ていたのですが、僕は全く気づかず、友達に指摘されてやっと分かりました。その友達、平井堅も見つけたことあるのよね。

久しぶりに仲間と飲みまくって、ストレス発散したのですが、二日酔いがきついです。

今日やること:
旅行カバン買う
ユニクロで下着買う
イギリス用の名刺作る
不動産屋に連絡する

全部できるかな…。




未分類 | 09:09:26 | Trackback(0) | Comments(2)
お買い物
目黒川の周りにも、桜の花が咲いています。やっぱ日本いいなw

桜













って、これじゃ、写真が小さすぎて分からないですね。

今日はお買い物に行ってきました。毎月7日はクレジットカードのポイントが10倍なのだ。こういうポイント特典って、縛られる感があって好きじゃないんですけど、ついつい使ってしまいます。


チケット









新宿のHISで、ブリットレイルパスを購入。これで、イギリスの電車を8日間、乗り放題です。4月13日にロンドンに到着し、北部を回った後、20日にロンドンに帰って来て仕事をするので、ジャスト8日間使い切ることになります。超適当に決めたスケジュールなのに、結構うまくいってます。

服
















あとは、HAMNETTで服買ってきました(全然高くないですよ)。旅人っぽくていいかと思ったんですが、イギリスだと寒いかなあ。そもそも、これってロンドンのブランドじゃなかったっけ?

で、こんな服買ってるくせに、旅行カバンがまだ決まってないのです。パソコンと防寒着を入れないといけないので、キャスター付きのバックパックで、ちょっと大きめの物が欲しいんですけどね。

未分類 | 01:29:19 | Trackback(0) | Comments(0)
キーボード
さっきの日記でも書いたように、イギリスでは単に遊んで回るのではなく、ノートパソコンを持って、ちゃんと仕事もしようと思っています。

通信に関しては、こういうのとかこういうのを使えばいいのですが、パソコンに関して、一つ大きな問題が発生。

僕の使ってるレッツノート、キーボードがすごく打ちにくいんです。厳しい納期で物を書く仕事をする上で、これは圧倒的に致命的なわけです。

普段仕事をする時は、Kinesisという特殊なキーボードを使っているのですが、こんな大きな物を持って旅行するのはちょっとしんどい。

なので、大きさはコンパクトだけど、Kinesisに近いキーボード、ということで、米国からTypematrixというのを輸入してみました。

しかし…すごく…使いにくいです。レッツノートの上に置いてみると、サイズ的はぴったりんですけどね。

まあ、あと一週間は、これで仕事してみようと思います。これからすべき準備が山ほどあるのに、大丈夫なんだろうか。毎回のことながら、自分の無計画性が嫌でしょうがないです。

なんか、肩凝ってきた。

キーボード

未分類 | 19:00:53 | Trackback(0) | Comments(0)
さあ自己紹介
はじめまして、そふとです。いろんなところでいろんなHNを使っているので、違和感のある方もいると思いますが、ここでは「そふとさん」と呼んでください。

今まで何度もブログを作ってきては消しているので、信頼はゼロだと思いますが、今回こそは頑張って更新します。

まずは自己紹介から。兵庫県尼崎市出身の年男。藤井隆のそっくりさんとして、「笑っていいとも」に出たことがあります。仕事はフリーで翻訳(英→日)をやってます。独立して丁度1年、まだまだ勉強中の身です。

そんな私ですが、4月13日~5月13日まで、イギリスに行くことになりました。最初の1週間は北部を旅行し、残りはロンドンにフラットを借りて、ノートパソコンで仕事をしながらいろいろ遊びたいと思っています。

最近は期待と不安でテンションの波が相当激しいんですけど、周りの人達に支えられて、何とかやっています。

そんな訳で、このブログでは、イギリス旅行の準備や実際の旅行、ロンドンでの生活について書きたいと思います。よろしくお願いします。

イギリスへ行きたい!



未分類 | 11:21:06 | Trackback(0) | Comments(8)
PROFILE

そふとさん

  • author: そふとさん
  • mixi:そふとさん
    スカイプ:sofutosan
    twitter:sofutosan
  • RSS
  1. 無料アクセス解析
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
03月 « 2009/04 » 05月
Category
Recent Trackbacks
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。